Biography

日本語へ(Jump to Japanese)

MunizO was formed in August 2015 by TarO&JirO and Yuta.

TarO&JirO: In the spring of 2009, they left their homeland for London, UK and then, in 2011, expanded their activities in Europe, performing at Japan Expo in France, Rock Oz’Arene in Switzerland, and at the Guitare en Scene competition in France, where they won the first prize.

In 2013, after winning the Japanese section of Emergenza, they were signed to a major label and the next year they played at some of the biggest festivals in Japan, such as Rising Sun Rock Festival, Rock in Japan, and Countdown Japan. They gathered the attention of the Japanese media as promising artists to break in 2015, but then they decided to leave their label, after less than one year and a half.
After writing the end to their activities in the major scene in Japan, they begin a new chapter to redefine themselves as “worldwide artists”.

Yuta: He worked as a support drummer for a Japanese major label, playing at Rock in Japan, Summer Sonic, and other major festivals.
Coming back from the U.S after 3 months of studying both drums and English there, now he is proving himself to be an up-and-coming modern rock drummer.

MunizO: After being active in Japan for six months, in March 2016 they move to Toronto, Canada.
Without any friends or connections, they start performing at open mics and on the streets. With their perseverance, they are able to gather an audience of more than 100 people to their first show at the legendary Horseshoe Tavern, on a late Monday night.
Their achievements gain them the first page on the entertainment section of the Toronto Star, Canada’s highest-circulation newspaper, in June, and the airing of a documentary about their activities on CBC in December.
In November, they record in Toronto and release their second EP “Questionable”.
In January 2017, they successfully organize their first own show at Toronto Lee’s Palace.
In May, they work for a special project with the recording engineer Jeremy Darby, who has worked with legends such as U2, Lou Reed, David Bowie, and many others.
In June, they participate in Canada biggest showcase event NXNE 2017.

 
 

バイオグラフィー

 

2015年夏、TarO&JirOの二人とYutaによって結成。

TarO&JirO: 2009年春、二人であてもなく渡英。
ロンドン・アイ前でのストリートライブやパブでのオープンマイクライブを経験し、言語、人種を超えて人々と共鳴し合う音楽スキルを身に付ける。
その後も欧州を中心に活動し、JAPAN EXPO 2011(フランス)、Rock Oz’Arene 2011(スイス)、Guitare en Scene 2012(フランス)等といった欧州フェスに多数出演。

2013年夏Emergenza日本大会にて優勝した後、12月にはアルバム「Brothers Fight」で待望のメジャーデビューを果たし、翌年にはRISING SUN ROCK FESTIVALやROCK IN JAPAN、COUNT DOWN JAPANと言った日本の大型フェスにも多数出演を果たす。
2015年ブレイクが期待されるアーティストして複数のメディアから注目されるもわずか一年と半年足らずで自らメジャー引退を表明。

日本のメジャーシーンでの活動に終止符を打ち
「世界アーティスト」としての在り方を再確認すべく新たなプロジェクト”MunizO”を15年夏から始動。

Yuta: 小林太郎のサポートドラマーとしてメジャーデビュー、ロックインジャパン・サマーソニックと言った大型フェスに多数出演。
2015年三か月のL.A留学を経て、日本へ帰国しTarO&JirOの新プロジェクト”MunizO”のドラマーとして抜擢される。

MunizO: 2015夏始動。
日本での半年間の活動を経て2016年春、北米カナダ・トロントへ移り渡る。
知人もコネも全くないままオープンマイク・路上ライブから活動をスタートするも、渡加3か月後には地元で一番有名な老舗ライブハウス”Horseshoe Tavern”に100人以上のオーディエンスを呼び込む。
この大快挙により6月にはオンタリオ州最大の新聞紙”Toronto Star”ではエンターテイメント欄の表紙を飾り、また12月にはCBCニュースにてMunizOのカナダでの活動を追ったドキュメンタリーが放送される。
11月には2nd EP ”Questionable”をトロントにてレコーディングしリリース。
2017年1月にはライブハウスLee’s Palaceにて初の自主企画ライブを成功させる。
5月にはU2やLou Reed、David Bowieなどのレジェンドのサウンド作りにも携わってきたJeremy Darbyをエンジニアとして迎え、新曲のレコーディングをトロントのスタジオにて行う。
同楽曲は近日公開予定。
6月にはカナダ最大のショーケースイベントNXNE2017への出演も決定している。